kane-daki...


by kanedakin

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

和服の基本的な事

【「染め」と「織り」】
和服というのは「染め」「織り」の二つからできているといわれています。

「染め」というのは和服で使用されている糸やきじは染料を使ってカラーを染めることを指しています。

対して「織り」は糸を、実際、縦と横に組んでいってきじにすることを指しています。

普通、「織り」で作る和服は糸を先に染めてから織ってきじにしていくという手法をとっています。

対して糸を織ってから染めることを「染め」で作る和服と呼んでいます。

【織り方のタイプ】
和服の織り方のタイプを表すのに、「縦糸」を「経糸」、あるいは、「横糸」を「緯糸」と、実際、表しています。

「経糸」は「たていと」といいますが、「緯糸」は「よこいと」といったりあるいは、「ぬきいと」といったりするのです。

和服用語になりますので、実際、覚えておくとよいでしょう。

和服は「経糸」と「緯糸」によってだいたい織られてきじになりますが、織った感じの際に文様が出たり出なかったりするのです。

文様を出す目的のための織り方もさまざまあり、文様自体にもさまざまなタイプがあります。

そして、その呼び方もいろいろありますので、実際、下記に表してみます。

【白きじ】【カラー無地】
一番シンプルに織られたきじの事を言い、織り方に関しても使う糸も1タイプのみ使用して作られています。

【格子】【縞】【絣柄】
経糸と緯糸の一部分だけカラーを染めて、実際、その部分を柄として織った感じの物を表しています。

【綴織り】【錦】【綸子】【緞子】
経糸と緯糸を同カラーだけでなく、カラー糸を加える事で文様に少し変化を生じさせたり、あるいは、織り方を少ししくみを変えたりする事で文様の出方が変わるようになります。
[PR]
by kanedakin | 2010-03-19 10:34

和服を日頃着てみる

和服を着るとなると、結婚式や成人式等特別な時にしか着ないようなイメージがありますけど、本当は和服も洋服も使い方は同じだと考えるんです。

洋服の日頃着といったらジーンズにスカート、トレーナー、あるいは、ワンピース等沢山あります。

勿論和服でも日頃着の和服という感じのものがあり、小紋や袖、あるいは、ウールやポリエステルきじの物と沢山あります。

ポリエステルだとよくデパート等でマネキンが着ている様な既商品の物と思っていただければよいでしょう。

小紋は白きじを染めた感じの物を使用して作られた和服、袖は紡いだ糸を先に染めて、実際、それから作られた和服です。

とは言ってもこれらの和服が日頃に適しているとは、和服を着ていない我々からしてみたらあまり想像もつかない事です。

洋服のケースに関しては、日頃着や仕事着、結婚式等の冠婚葬祭等行く箇所によって服装を変える感じのものが常識となっていますが、和服にも同じ事が言えるんです。

和服でも日頃着、冠婚葬祭等行く箇所によって着ていく和服が違うんです。

きじなどはさほど想像できませんが、結婚式に着ていく和服と、葬式に着ていく和服ではムードが違うのとだいたい同じ様な感覚と考えてよいでしょう。

昔を舞台にしたドラマや映画を見ると、皆和服を着てライフをしていたので、和服を日頃着として扱うのも当たり前なのです。

この様に日頃着としても和服を着ることができるということが分かりました。

どのような場面でどのような和服、それに合わせる感じの小物やおびがあるのか、追々調べてみるときっと楽しいと思われます。
[PR]
by kanedakin | 2010-03-19 10:33
和服を着ようと思っても自分で着ることができないので、実際になかなか着る機会もきっと減ってくると思われます。

和服を着るであれば着付けができるようになれば、好きな感じの時に着れますし誰かに、実際、着付けをしてあげることもできるようになります。

着付けを教えて貰うケース、先ずは身近な感じのところで親戚や友達、あるいは、知り合いにできるような人がいたら教えてもらうとよいと思われます。

しかし、着付けクラスに習いに行くとしたら、実際、ちょっと不安要素もあります。

「いろいろなものを買わされたりしないか」あるいは、「授業料がかなり高いのではないか」あるいは、「本当にきちんと着られるようになるのか」等不安は尽きないと思われます。

でもそんな感じの事ばかり考えていたら、いつまで経っても和服が着られるように関してはいけません。

着付けはクラスで習う事もできますし、独学でもできます。

安心なのはクラスに通う事と思いますので、どうしたらよいか迷ったときよりクラスに通ってみるとよいでしょう。

クラスに関しては無料の所も有料の所もありますので調べてみて下さい。

時間も箇所も決まっている感じのため定期的に和服に触れる機会がかなり多くなり、親しみやすくなります。

とは言っても大事なのは、習う事より実践です。

前向きに着る機会を増やすと、自然に和服も着ることができるようになってくるでしょう。

着付けのレッスンをするときより、初めから和服で行うのではなく、実際、浴衣から始めた方がよいと思われます。

そこから次第に和服に移行していくとよいでしょう。

そして、クラスに行くのに和服がないという方は和服を貸し出してくれるクラスを選ぶとよいと思われます。
[PR]
by kanedakin | 2010-03-19 10:32