kane-daki...


by kanedakin

和服の基本的な事

【「染め」と「織り」】
和服というのは「染め」「織り」の二つからできているといわれています。

「染め」というのは和服で使用されている糸やきじは染料を使ってカラーを染めることを指しています。

対して「織り」は糸を、実際、縦と横に組んでいってきじにすることを指しています。

普通、「織り」で作る和服は糸を先に染めてから織ってきじにしていくという手法をとっています。

対して糸を織ってから染めることを「染め」で作る和服と呼んでいます。

【織り方のタイプ】
和服の織り方のタイプを表すのに、「縦糸」を「経糸」、あるいは、「横糸」を「緯糸」と、実際、表しています。

「経糸」は「たていと」といいますが、「緯糸」は「よこいと」といったりあるいは、「ぬきいと」といったりするのです。

和服用語になりますので、実際、覚えておくとよいでしょう。

和服は「経糸」と「緯糸」によってだいたい織られてきじになりますが、織った感じの際に文様が出たり出なかったりするのです。

文様を出す目的のための織り方もさまざまあり、文様自体にもさまざまなタイプがあります。

そして、その呼び方もいろいろありますので、実際、下記に表してみます。

【白きじ】【カラー無地】
一番シンプルに織られたきじの事を言い、織り方に関しても使う糸も1タイプのみ使用して作られています。

【格子】【縞】【絣柄】
経糸と緯糸の一部分だけカラーを染めて、実際、その部分を柄として織った感じの物を表しています。

【綴織り】【錦】【綸子】【緞子】
経糸と緯糸を同カラーだけでなく、カラー糸を加える事で文様に少し変化を生じさせたり、あるいは、織り方を少ししくみを変えたりする事で文様の出方が変わるようになります。
[PR]
by kanedakin | 2010-03-19 10:34