kane-daki...


by kanedakin

和服を着付けから始めてみる

和服を着ようと思っても自分で着ることができないので、実際になかなか着る機会もきっと減ってくると思われます。

和服を着るであれば着付けができるようになれば、好きな感じの時に着れますし誰かに、実際、着付けをしてあげることもできるようになります。

着付けを教えて貰うケース、先ずは身近な感じのところで親戚や友達、あるいは、知り合いにできるような人がいたら教えてもらうとよいと思われます。

しかし、着付けクラスに習いに行くとしたら、実際、ちょっと不安要素もあります。

「いろいろなものを買わされたりしないか」あるいは、「授業料がかなり高いのではないか」あるいは、「本当にきちんと着られるようになるのか」等不安は尽きないと思われます。

でもそんな感じの事ばかり考えていたら、いつまで経っても和服が着られるように関してはいけません。

着付けはクラスで習う事もできますし、独学でもできます。

安心なのはクラスに通う事と思いますので、どうしたらよいか迷ったときよりクラスに通ってみるとよいでしょう。

クラスに関しては無料の所も有料の所もありますので調べてみて下さい。

時間も箇所も決まっている感じのため定期的に和服に触れる機会がかなり多くなり、親しみやすくなります。

とは言っても大事なのは、習う事より実践です。

前向きに着る機会を増やすと、自然に和服も着ることができるようになってくるでしょう。

着付けのレッスンをするときより、初めから和服で行うのではなく、実際、浴衣から始めた方がよいと思われます。

そこから次第に和服に移行していくとよいでしょう。

そして、クラスに行くのに和服がないという方は和服を貸し出してくれるクラスを選ぶとよいと思われます。
[PR]
by kanedakin | 2010-03-19 10:32